◇僕のEOS日記 EOSER全員集合!!◇

シンセサイザーYAMAHA EOSの情報ブログです。                         

logs

次回の私のLIVEについて

EOSをご愛用のEOSERの皆さんこんばんは

eyesのZUNBOこと江口淳也です。

EOSの開発に携わった小室哲哉氏が一連のスキャンダルにて引退を表明してますが。

私は今後何らかの形で小室氏は音楽活動に復帰する信じています。

ところで2018年の春から夏に架けて自身の音楽ユニット「eyes」が再始動します。

今度のステージではシンセサイザーの全てをEOSで固めようと決意しました。

様々な事情によりその様になったのですが、EOSERにはたまらないシンセ要塞の構築となります。

EOSの機能をふんだんに使い限界まで使いこなします。

予定ではB500 B700 B2000の三台になります。

メインの音源はMC-909で、KX-5の音源は他社の音源モジュールから引こうと思っています(もしかしたらEOSになるかも)

今までの動画でEOSシリーズだけでLIVEをしているものは見たことがありません。

私のEOSを使った演奏により、より多くのEOSERが触発されEOSを愛用してくれると信じています。

1/21からプライベートスタジオにこもりEOSの学びを始めたいと考えています。

勿論LIVE終了後はYouTubeにアップしますので皆さん是非観てくださいね

ちなみに私のYouTubeチャンネルをご存じないない方の為にお教えしますね

IDはkisajunでhttps://www.youtube.com/channel/UCjQW1OHt81_deaYmksc_BYg ←こちらから入れます。

よろしければチャンネル登録をお願いいたします。

今LIVEでする曲の候補として小室先生作曲の「月とピアノ」を検討しています。

きっとお楽しみ戴けると思いますので楽しみにお待ちください。

それでは次回の記事をお楽しみに☆彡
スポンサーサイト

EOSイベントの件

随分と寒くなりましたね。EOSERの皆さんも風邪引かないように健康管理を徹底しましょう。

ところで2018年開催予定のEOSのイベント「10時だよ! EOSER全員集合!」ですが、当方の都合により「遅れ」が生じました。

理由は和的な事なので割愛させていただきますが、かなり厳しくなってきてます。

2020年のオリンピックにも間に合わない可能性が出来てくるくらいです。


せっかく楽しみにしていた方にもご迷惑をお掛け致しますがご理解願います。

私は個人的にこのイベントを楽しみにしていますので、EOSERの皆さんも心待ちにしましょう。

今回の動画は私の2年2ヶ月前にYOUTUBEにアップした「炎」です

音源はEOS B500だけでのカバーとなりますが、パソコンのスペックと解像度の関係でカメラが綺麗に切り替わらず一時停止を押したかのようなカクカクした動画になっちゃいました(;´・ω・)



それではまた見てください!おやすみ☆彡

10時だよ!EOSER全員集合!(2018)

EOS祭りは決行しますが、、、だれかEOS STAFF(運営ボランティア)の候補者をもう一度確認させて頂きませんか?


というのも、運営費がどこからも出ないためご来場のEOSERからの献金とSTAFFの自前でまかなう為です。

スポンサーがいたらそりょあもう感謝歓迎雨嵐ですよ!!

是非、開催して欲しいとの声がたちらこちらで聞こえてくる(幻聴ではないですよ (笑))

そして真っ黒に白文字でEOS STAFF」て書いてあるカッコいいTシャツを着て運営していきたくないですか><

どうかEOSERの皆さん!温かい支援を宜しおねがいいたします。

EOSERこそがピュアなシンセ団体です☆彡

今年初のコンサート

来たる2.26は私のソロコンサート

前座に「CLOBE」とゲストに「eyes」が参加!

私「ZUNBO」のコンサートへ是非お越しください☆

ちなみに今度はEOS B700を使用します!

design.png

" />

サンプル2

コンサート無事に終了しました。

12月18日に私のソロコンサートが「北海道士別市民文化センター」にて開催されました。

今回はステージに特別枠としてEOS B500コーナーを設けまして演奏させて頂きました。

来年になると思いますが、当時の様子をYOUTUBEの方にUPしますのでID「kisajun」をチャンネル登録お願いいたします。

登録者限定にさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。


DSC_0428.jpg

DSC_0426.jpg

DSC_0427.jpg

Paging Navigation

Navigations, etc.