◇僕のEOS日記 EOSER全員集合!!◇

シンセサイザーYAMAHA EOSの情報ブログです。                         

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音源紹介」

いや~師走だけあって、忙しくて中々更新できずにいます(汗)

ここで、一つEOS動画をご紹介させてもらいます。

ニコニコ動画で小室先生のソロ動画を観ていたのですが、globeの「Try this shoot」のサンプリングボイスがツボでして、どこかにサンプルボイスを抜ける動画はないかとYouTubeでさがしていたのですが、関連動画に私の尊敬する”galaxy drive"さんの曲がありまして、再生するとEOSとは思えない良音の音源が鳴り響いたのです。

聴けば聴くほど「本当に外部のエフェクトを掛けていないのだろうか?」や「ミキサーに通してイコライザーで音を加工しているのでは?」と思わせられました。

EOS B700でこんなに素敵な音質が出せるなんて信じられません。

聴いたことある方もいらっしゃるかもしれませんが、聴いてみてください。

こちらです。



凄い完成度!! だけど本当にこんな音がEOS単体だけで出せるのかやっぱり疑問です^^;
スポンサーサイト

やっと課題曲が完成した!

いや~途中でやめようかと何度も思った今回の楽曲

マイケル・ジャクソンの「BEAT IT」とTRF「EZ DO DANCE」を掛け合わせた名付けて「BEAT DO DANCE」

完成度はあまり高くないが、今回はこのブログ用に作ってみた。

なので「PRESET No.」を表示させた。

時間にしたら僅か2分足らずの短い曲だが、EOS B700で一所懸命作ってみた。

是非皆さん聴いてください☆

楽曲制作順調☆だけど自信なし(汗)

現在、B700を使ってマイケル・ジャクソンの「BEAT IT」とTRFの「EZ DO DANCE」を掛け合わせた「BEAT DO DANCE」なるものを作っている。

完成したらこのブログにUPする予定だ。果たして完成するのかがとても不安なのだが、今はチャレンジ精神でやり遂げる次第である。

そして今回の楽曲はレッスンも兼ねている(B700でこんな事が出来るよ的な)ので動画にはプリセット番号も表示するつもりだ。

しかし問題は画をどうするかだが、適当に画を探すほか無い。

もしかしたら中途半端な終わり方でかんせいするかもしれないが、完成したらEOSERの皆さん是非見てくださいね^^

そしてよければ感想やコメントを頂けると嬉しいです☆

どうぞ宜しくお願い致します。

EOS B700紹介!

B500発売されて3年後の1993年に発売されたEOS B700

この機種はB500とそっくりな仕組みで取扱説明書を見比べても、はぼ同じ感じ。

黒いシンセサイザーが多く出回っていた時代にパールホワイトで登場したこのB700は女性をターゲットに販売されていた。
B146E79C929A4E6A83444436C5BBCAFC_12001.jpg

DEMOはtrfのナンバーのミックス。リズムパターンはダンスミュージック系がプリセットされている。
ダウンロード (3)

小室哲哉氏のプロデュースのTKモデルである。

ダウンロード (4)

B500が1メガだったのに対してB700は2メガ。

値段も2000円B700の方が高かった。それにより、2000円の差はどこにあるのかと疑問を持つ声もあるが、正確な答えを知る事は出来ない。

YouTubeでは”白黒歌合戦”という番組で小室先生とヒャダイン氏のコラボで「22世紀への架け橋」という曲を披露した。

この曲の音源はB700のみ!EOS B700派の方にも重宝されるものとなっている。
(この曲はI Tunesで購入可能)

B700は中古市場でも安価で取引されている様なので、気になる方は購入に踏込んでも損はしないと思います。

私もB700を所有してますが、とっても楽しいです♪

DEMO SONGのご試聴はこちらです。


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。