◇僕のEOS日記 EOSER全員集合!!◇

シンセサイザーYAMAHA EOSの情報ブログです。                         

logs

B700入院。

今日は私の愛機であるB700の修理依頼と修理完了品の回収の日。

先日RolandのJX-305を楽器店に修理依頼で預けて修理が完了したので、取りに伺った。

JX-305と言えばスピーカーは搭載してはいないものの、シーケンサー等が搭載されているオールインワンのシンセである。
ダウンロード

groovesyntheとサブタイトルが付いている機材で、Rolandのgroovebox MCシリーズの流れを継いでいる。

私は元々、EOSERになる前はGROOVISTだった(グルボ使い)

IMG_20140814_073856_928.jpg


それはさておき、EOSB700をハードケースに入れ車のトランクへIN。

行きつけの楽器屋までおよそ2時間、到着。係りの方が搬入口でスタンバッてくれているのが見えた。

無事にB700は入院となったが、回収するはずだったJX-305は修理明細に奇妙な事が書いてあり、店員さんと話し合い難航したが、再修理でメーカー送りとなった。

何があったかと言うと、簡単に言うと、故障パーツを取り寄せずにファクトリーリセットを操作し一時的に回復して再発しても知りません的ないい加減な明細だったのだ。それだけで5400円を取ろうと思っていたようだが、さすがは小売店!、渋い顔で「申し訳ございません、もう一度メーカーに掛け合います、本当にすみませんでした」と詫びてきた。

店員さんも少しミスっていたが、一番はメカニック担当の人が国内に存在する在庫を取り寄せずに、部品の交換をしなかった事。これは事前に電話で確認していたので、こちらには非が無い。

なので、またメーカー送りとなったのだ。

そして今回の修理依頼はB700だが、次回はFDDの動作に不具合のあるYAMAHA QX3である。
ダウンロード (1)

こちらのハードシーケンサーQX3はもうメーカーでは修理が不可となっている為、業者に依頼する予定だ。

操作パネルがアナログチックでたまらない!この機材はプロも使用していたものだが、ある人が言うには「最強」らしい…

中古で購入しいきなり故障していたので、まだ使ったことが無い(汗)早く直して使いたいものだ。

どこの業者にするかは迷っているところだが、その内導かれた所に決めようと考えている。

修理代は掛かるが、やっぱり名機はメンテナンスをして大切に取り扱いたいものだ。

まだまだハードでやろうと思っている今日この頃である。


スポンサーサイト

トラックバックURL

http://kisaragijun.blog28.fc2.com/tb.php/38-3d668e6b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.