◇僕のEOS日記 EOSER全員集合!!◇

シンセサイザーYAMAHA EOSの情報ブログです。                         

logs

EOS B500,B700用 裏技③

とっておきの「裏技を」公開したいと思います。

これはB500,B700のEOSERの為の裏技です。

メーカーにこれを聞いても「絶対に教えてくれません」

そんな技をご紹介いたします。

いわゆる「テストモード」というやつなんですが、これはメーカーサイドが修理時やメンテナンス、テスト時に使用するモードです。

じゃあ、このモードで何が出来るのか?というと実は「ファクトリーセット」(初期化)が簡単に行えるのです。

EOSを中古で入手された方やデータを”RESET”したい方、多いのではないでしょうか。

私も昔、リセットしたくてメ-カーに問い合わせTELしました。

「この機種にはFACTRY SETはございませんの」一点張り、本当に冷たいですよね。(しかも嘘を教えてますからね)

私の場合、中古で購入してインターナルに前のUSERが作った音色などがメモリーされていて、一つずつイニシャルボイスに変更する事が大変だったので、一回でリセット出来る方法が知りたかったのです。

未だにメーカーサイドはEOS各種のファクトリーセットの方法を教えてはくれません。

本当にデータを消したくて困っているのにも関わらず、教えてくれませんので私のブログで公表する事にしました。

注意事項としてこれらの操作で機材が故障しても責任は負えませんのであくまでも自己責任でお願い致します。

それではEOS B500・B700共通のFACTRY SET」のやり方を解説いたします。
 
                
            「DEMO」ボタンを押しっぱなしにしながら…
                              ↓
            「SET UP」ボタンを押しっぱなしにしながら…
                              ↓
             「EXIT」ボタンを押します。
すると、この様な画面に変わります

IMG_20141004_214337_778 (1)

そして次に「SET UP」ボタンを押すとリセットされて「初期化」が完了します。

これをメーカーが見たら怒るかもしれませんが、私は困っているEOSERの方々の為にこの記事を載せます。

知りたかった人も沢山居ることと思いますし、これを知れば「すぐに工場出荷時に戻せます」からね☆

お試しあれ☆
 
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://kisaragijun.blog28.fc2.com/tb.php/48-876580e3

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.