◇僕のEOS日記 EOSER全員集合!!◇

シンセサイザーYAMAHA EOSの情報ブログです。                         

logs

「音楽教室 第8日目」

だんだんと寒くなってきました。

皆さんのEOSも冷たくなっていませんか?

いきなりパキッと鍵盤が折れるのも困りますね^^;

私もしばらくの間は「ヒャダイン仕様」のEOSになってましたね~三つくらい(笑)

さて、本題の音楽教室に入りましょうか!

一応、この講義には拍手いいねが入っているのでまだ続けていこうと思ってます。

でも有難い事ですね☆

それでは、第8日目を開講したいと思います、宜しくお願いします。


「第8日目」

それでは、今日はこれまでの一週間分の要点に焦点をあてて、まとめたいと思います。

まずは「ト音記号とは何か?」→トはソであり、ソがどこにあるかを表す記号。

次に「ヘ音記号とは何か?」→ヘはファであり、ファがどこにあるかを表す記号。

次は「四分音符とは何か?」→1小節の中に4つ入る音符の事。

次に「4/4拍子とは何か?」→4分音符が1小節に4個入るテンポ。

ト音記号の横の五線の線上の音符の読み方→下から「ミソシレファ」。

へ音記号の横の五線の線上の音符の読み方→上から「ラファレシソ」。

更に付け加えるとト音記号の場合→「ドミソレシファ」。

更に付け加えるとへ音記号の場合→「ドラファレシソ」。

#の付く譜面の音階の早覚え→「ファドソレラ」。

♭の付く譜面の音階の早覚え→「シミラレソ」。

以上です。ここまで覚えて頂けましたでしょうか?

”言葉は覚えたけど意味がイマイチ判らない”という方がいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし大丈夫です、今後の講義で意味も覚えることが出来ます。

ある意味この講座もまだ始まったばかりです。

共に頑張りましょうね♪

ここからは新しい学びです、覚えていきましょうね。

音符の右下に「・」が付いている音符の事を「付点音符」と言いいます。
これは「元の音符の1.5倍の長さ」を表します。

音符の真下に「・」が付いている音符の事を「スタッカート」と言います。
これは「短めに軽く」を表します。

音符の真下に「-」が付いている音符の事を「テヌート」と言います。これは「伸ばす意識」を表します。

音符から音符に曲線が付いているのは「タイ」と言い「同じ音を伸ばし続ける」という意味を表します。

ここまで覚えたら大したもんです!覚えましょう☆

はい!今日の講義はここまで!まずは覚えましょうね!

意味は後ほど解説していきますので宜しくお願いします。

それでは次回の講義でまたお会いしましょう。

良いEOS LIFEを♪

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://kisaragijun.blog28.fc2.com/tb.php/63-4e17c067

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.