◇僕のEOS日記 EOSER全員集合!!◇

シンセサイザーYAMAHA EOSの情報ブログです。                         

logs

「音楽教室 第4日目」

さて、音楽教室も4日目となりました。

皆さん、付いていってくれてますか?

「拍手」や「いいね」が付かなくなっているので、少々心配です(汗)

この音楽教室は私が覚えた道筋に近い講義をしています。

私のこの講義を受ける事により、譜面が見れる様になると信じています。

あくまでも初心者向きですので、レベルの高い方はスルーされてください(笑)

だけど、「譜面を読める様になりたい!」又は「譜面を見ながらEOSで打ち込みしたい!」あるいは「音楽の基礎を学びたい!」という方は是非、ついてきてください。良き学びになる筈です。

宜しくお願い致します。

それでは本日の講義を始めましょう☆


「第4日目」

今日は4日目なので「4」にまつわる学びをしましょう。

「4分音符」とは何か?




この音符は見た事があると思いますが、これが「4分音符」です。

そもそも「音符」とは「音の高さ」と「音の長さ」を表すものです。では、4分音符とはどういうものかと言うと…

「1小節の中に4つ入る音符」

「全音符を四等分した長さの音」

「”4分”だけに「4つに分ける」という意味で、「1を4で分けたもの」

以上の三つの事が「4分音符」になります。

今日は4分音符が大体、何なのかが、解ればOKです☆

以上!今日の講義はここまで!

お分かり頂けましたでしょうか?

次回は「五線上の音符の早読み」です。

超ご期待☆

それでは、良いEOS LIFEを♪(←ちなみにこの音符は8分音符です)*後の講義でお教えいたします 


「音楽教室 第3日目」

皆さん、こんにちは。

今日は昨日に引き続き音楽教室を開講したいと思います。

昨日の講義で「覚える事柄」は覚えてますか?

「トソG」でしたね☆

今日は「ヘ音記号」についての学びです。


「第3日目」

ヘ音記号とは何か?


主にベース等の低い音階を表す譜面の一番左に書かれる記号なんですが…

一昨日やったグラフの中で、「ヘ」が表すもの、それは「ファ」!

だから、この記号は「ファ」がどこであるかを表すものです。

絵に描かれている記号の黒丸の位置が「ファ」の位置を表しています。

これで、「ヘ」が「ファ」である事を学びましたので覚えましょう。

ファ音記号ではないですよ、ヘ音記号です。ヘはファを表します 「ヘ=ファ」

ついでに、ファは「F」なので「へファF」(へふぁえふ)と覚えてしまいましょう。

「屁はエフッ」ではなく「ヘファF」ですよ。

今日はこれだけ覚えましょう。「ヘファF」

この二日間の講義で「ト音記号」と「ヘ音記号」を覚えましたね?

記号を書けなくても読めればいいんです。

「トはソでG」 「へはファでF」

初日のグラフを思い出し当てはめてみましょう


ハニホヘトイロハ
ドレミファソラシド
C D E FG A B C


「への縦列はファとF」で「トの縦列はソとG」になってますね?

今日の講義はここまで!

次回は4日目になるので「4」に、ちなんだ学びです。
遂に音符が登場します。その名は「4分音符」(しぶおんぷ)
この音符は何?というのを学びたいと思います。
お楽しみに☆

「なんかいいな」と思えた方は「拍手」か「いいね」をポチッとお願いしますね^^

本日は以上です、お疲れ様でした☆

良いEOS LIFEを♪

文責 江口 淳也


 

「音楽教室 第2日目」

まず、皆様にお礼を申し上げます。

前回の音楽教室第1日目に於きまして沢山拍手いいねを頂きました、どうもありがとうございます。

とても嬉しく思います^^

それでは、継続と致しまして、第2日目の学びを開講したいと思います。

「第2日目」

前回の「音階の丸覚え」は覚えられたでしょうか?

「ハニホヘトイロハ」と「ドレミファソラシド」と「CDEFGABC」でしたね。

覚えられなかった方が大半だと思います。

だけど問題ありません。徐々に即答出来る様になります。

「ドがC」だけでもいいんです。時間を掛けて学んでいきましょうね☆

今日は「ト音記号」を学びましょう。



ト音記号とは何か?前回やったグラフの中で「ト」
が表すもの、それは「ソ」!ですね。

だから、この記号は「ソ」がどこであるかを表すものなのです。

これで、「ト」が「ソ」である事を学びましたので覚えましょう。

ソ音記号ではないですよ、「ト音記号」です。

トはソを表します 「ト=ソ」

ついでに、「ソ」は「G」なので「トソG」(とそじぃ)と覚えてしまいましょう。

「くそじじぃ」ではなく「トソG」ですよ。

今日はこれだけ覚えればOKです。

「トソG」


はい!今日の講義はここまで。

皆さん覚えましたでしょうか?

次回は「ヘ音記号」について学びます。

それでは、最後にこの学びに賛成な方、または勉強になった、為になったと思ったかたは、「いいね」か「拍手」でお知らせください。

それではまた次回☆

本日は以上です、お疲れ様でした☆

良いEOS LIFEを♪


文責 江口 淳也

新企画「おんがく教室」の開催のお知らせ&第1日目 

私のEOSの入院もありその他諸々の諸事情により「EOS教室」は当分の間、延期します。

その代わりとしまして、基礎の基礎から学べる「音楽教室」を開催したいと思います。

内容は小学校で学びそびれた方や未だに譜面が読めない方等の方々の為に企画しました。

音符や譜面が読める様になればEOSでスコアを見て打ち込みが出来る様になります。

一日に少しずつレクチャーしますので、一緒に学んでいきましょう。

私が過去に譜面を独学での学びを行ったファイルが存在しますので、そのファイルからの抜粋となりますが、この学びをすれば、簡単に譜面が読める様になります。

どうか皆さん、私と共に音楽を学びましょう宜しくお願い致します。

それでは早速「第1日目」を開催します。

講師は私、EOSERの江口が務めさせて頂きます。

それでレッツトライ!!!



「第1日目」

まずは、音階の丸覚えから「ハニホヘトイロハ」これは「ドレミファソラシド」
更に「CDEFGABC」鉄則!グラフにすると…
       ① ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ ハ
       ② ド レ ミ ファソ ラ シ ド
       ③ C D E  F G A B C
このグラフ(法則)をどうやって覚えるか?

多分ドレミファソラシドはもう覚えたのではないでしょうか。

譜面を打ち込む際に大事になってくるのは②と③です。

ドが→Cで レが→D という風に覚える事は大変です。

なので、今日は「これを聞いたなぁ」とだけ覚えて頂ければ結構です☆

繰り返し①②③の順番は覚えようとしてみてください。(覚えられなくてもご安心ください、この先の講義で復習が出来る様な構成になっています)

今日の講義はここまで!

次回は「ト音記号」に関する講義となりますので宜しくお願い致します。(この講義は毎回受講する事で必ず音符が判るようになります)

最後にこの学びに賛成な方、または勉強になった、為になったと思ったかたは、「いいね」か「拍手」でお知らせください(強要ではありません^^今後のプラン・企画の参考に致します)

本日は以上です、お疲れ様でした☆

良いEOS LIFEを♪

文責 江口 淳也

Paging Navigation

Navigations, etc.